保育士は、1999年の児童福祉法の改正前までは、保母・保父と呼ばれていました。児童福祉法の改正に伴い、男女の区別をすることなく、一律して保育士という名称になったのです。保育士の資格は法律で定められた国家資格で、保育士を名乗るためには、保育士養成学校の卒業、保育士試験の合格、保育士登録が必要になります。保育士の資格は、一度取得すれば、一生保育士として資格を有することが可能です。保育士の役割として、児童福祉法では、「専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うこと」と記されています。主な仕事は、0歳から小学校入学前の児童の保育を行う職業であり、保護者の代わりに子どもの食事・睡眠・排泄など、生活のリズムを整え、基本的生活習慣を身につけさせる指導を行い、心身ともに健やかに成長するように保護して育てる役割があります。さらに、それと同時に、子どもの保護者とも向き合い、連携して子育てを行っていくことも保育士の重要な仕事です。他にも、教室の掲示物を作成したり、行事の企画・準備、保護者へのおたよりの作成など、多くの仕事があります。保育士の資格を取得すると、保育園以外にも様々な施設への就職が可能になります。家庭で養育を受けることができない小学校以下の子どもを預かる乳児院や同じく家庭で養育を受けることができない18歳未満の子どもを預かって自立を支援する児童養護施設、保育園の待機児童問題の対策として乳幼児を自宅で預かり保育する保育ママ、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、難聴幼児通園施設などの職場で活躍することができます。